わりとパレオな生活

進化医学をベースに、アンチエイジング、健康的なカラダ作りのための習慣作り

【痩せる】低温調理器が、健康、アンチエイジング、ダイエットに有能すぎる。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

f:id:paleolife:20210625100602j:plain

我が家が、真空調理をするために低温調理器を導入してから、もう少しで3年。

 

オススメさせてもらって、購入した友人や患者さん、ダイエットクライアントさんも喜んでくれていて、とても嬉しい!

 

低温調理器は、健康的な身体作り、アンチエイジング、ダイエットに、欠かせない食材の数々を美味しく仕上げてくれる。

 

しかも、肉の高温調理をすることで発生する、発がん物質や酸化も抑えてくれる。もう手放せないなと、低温調理器がない生活は考えられない、とても有能な調理器。今日はそんな低温調理器について書いていきます。

 

 

では、さっそく行ってみましょう!

 

 

 

 

そもそも低温調理器って何?

低温調理器は、真空調理をするための調理器具で、調理する食材を生の状態のまま、真空包装にして、低温でじっくり火を通していくための器具のこと。真空調理は、これまで主流であった、焼く・蒸す・煮るという調理法に新しく加わった第4の調理法ともいわれてます。

 

 

低温調理器で真空調理をするメリット。

僕がいいなと思うメリット。

 

・調味料が少なく済むので経済的。

・食材の酸化を防止。

・発がん物質の分泌を抑制。

・調理中に他のことができる。

・パサつきやすい食材が美味しく仕上がる。

・片付けがらく。

 

 

調味料が少なくて済むので経済的

食材内の空気が抜け出ていくことで、調味料が食材にまんべんなくいきわたり、効率良く染み込む。ただ漬けおいておくよりも調味料が少なくすんでいます。半分ぐらいの量で充分。とても経済的。

 

 

食材の酸化を防止

空気を抜くことで、酸素に触れる時間が短くなるので、酸化の防止に。食材の内部の空気が膨張してしまうのを防いでくれるため、食材の細胞が破壊されづらいのもいいところ。

f:id:paleolife:20210625100110j:plain
f:id:paleolife:20210625100117j:plain


 

 

パサツキやすい食材をしっとりジューシーに仕上げてくれる

低温調理は、食材が変質してしまうのを抑えることができまして、例えば、肉や魚のタンパク質は約62℃を超えたときに固まり始め、約70℃を超えると分水作用を起こして細胞内から水分が出てしまうんです。そうなると、肉や魚は固く、パサパサになってしまい、あまり美味しく感じない。

 

その点、低温調理器は、約55~70℃での低温で長時間じっくり加熱することができるので、上記の問題をクリア。軟らかくジューシーに仕上がり、風味や旨味を逃さすことなく美味しくいただけます。

 

f:id:paleolife:20210625114157j:plain

 

発ガン物質の生成を抑えてくれる。

肉を高温で長時間調理すると、HCAs(ヘテロサイクリックアミン)とPAHs(多環芳香族炭化水素)と言われる、DNAにダメージをあたえる物質が生成されやすく、これが発ガン性が高いと言われているようでして、低温で調理する事で、これらの発ガン物質の生成を抑えてくれる。

 

 

片付けがらく

 使う調理器具が、鍋と低温調理器だけなので片付けがとても楽。さっと拭いて乾かすだけ。

 

低温調理器で真空調理をするデメリット 。

 使ってみて感じたデメリット。

 

・食材に対して、調理温度、時間を調べる必要がある。

・時間がかかる。

・どんな食材でも食感が似てしまう。

 

 

食材に対して、調理温度、時間を調べる必要がある。

低温で調理するということで、とても殺菌力が弱い。なので、食材の厚さや大きさによって温度や調理時間を調整する必要あり。最近では、メーカーが詳しく情報を発信してくれているので、事前に調べておくと楽。

 

 

時間がかかる。

時間がかかるのは間違いない。すぐに食べたいというときには、まったく向かない。調理中、目を離して買い物や仕事に出ることができるということがメリットでもあるので、出来上がり時間を逆算しておくことが必要。

 

 

どんな食材でも食間が似てします。

美味しくジューシーにできるといっても、調理法が同じなので、どうしても食感が似てしまう。飽きないように、少し焼き目を付けるなどの工夫は必要かも。

 

 

我が家で、使っている低温調理器。

 選んだ決め手は、見た目と切るタイマー、それと価格。使って見た感じ、切るタイマー機能は必須。アラームだけだとスイッチ切るの忘れがちに。

 

 

人気の低温調理器

BONIQは、メーカーがしっかりしてるのがいいですね。HPに、使い方がわかりやすく記載されているので、すぐに使える。付属の商品もオシャレ。5℃~95℃まで、幅広く温度調節できていいですね。

 

 

boniq.store

 

 

 

 

ということで、健康的な身体作り、アンチエイジング、ダイエットのご参考になれば幸いです。ぜひお試しいただければ!

 

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ