わりとパレオな生活

進化医学をベースに、アンチエイジング、健康的なカラダ作りのための習慣作り

【観葉植物】カビの増殖、シックハウス症候群の対策。観葉植物を増やす育てる。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

そろそろ、梅雨入りしそうな三浦半島、ジメジメとして、カビの増殖が気になる時期。観葉植物の空気清浄効果で、カビ対策やシックハウス対策が出来るかもということで

 

さっそく、いってみましょう。

 

 

 

f:id:paleolife:20210612102307j:image

 

 

 

観葉植物の効果

ここ数年、かなりハマっている観葉植物。観葉植物を部屋や仕事場のデスクに置くと

 

作業効率が上がる。

幸福度が上がる。

副交感神経の活性化によって体内の炎症が治まる。

空気清浄効果が非常に高い。

 

ということで、観葉植物をコツコツ増やして、育てていたら、自宅は写真のような感じに。

 

参考↓

観葉植物の知られざる効果とは?メリットとオススメ植物8選 | ビジネスライフ(BUSINESS LIFE)

 

 

f:id:paleolife:20210612113753j:imagef:id:paleolife:20210612120225j:image
f:id:paleolife:20210612120220j:image

以前、治療院を営んでいた時も観葉植物を置きまくって、空気清浄してました。患者さんからも非常に喜ばれて、治療院を営んでいる方には、非常におススメです。

 

 

 

NASA推奨「空気清浄効果が高い」観葉植物一覧

1989年にNASAが行った「クリーンエア研究」のデータを参考にしています。

 

 スパティフィラム(Peace lily)

日陰に置くことでベンゼントリクロロエチレンの両方を吸収してくれる。育てた感じ、寒さにあまり強くない、白い花の部分は枯れると、次にいつ咲くのかわからず、長く葉だけの状態に。

f:id:paleolife:20210614103717j:plain

 

 ・ポトス(Pothos) 

ホルムアルデヒドを吸い込む効果が認められている。 週に1度の水やりでも十分なので初心者向け。 ポトスはほんとに管理が簡単だと感じます。多少水やりを忘れても大丈夫、我が家でも日々、増殖中。白い班が入っているものがよく売られてます。僕的に一番おススメ。

f:id:paleolife:20210612102501j:plain

 

 

 ・セイヨウキヅタ(Ivy)

ホルムアルデヒドを取り除くのに有効。アイビーとして販売されていることが多い。育ててみている感じは、外での管理が向いているようです。三浦半島だと冬でも外で大丈夫。

f:id:paleolife:20210612120427j:plain

 

 ・キク(Chrysanthemum)

ベンゼンホルムアルデヒドをろ過。 

 

 ・ガーベラ(Gerbera daisy)

ベンゼントリクロロエチレンの両方を吸収。 

 

 サンセベリア(Sansevieria)

ホルムアルデヒドのろ過。水やりが少なくてもいい良いので管理は楽だけど、水のあげすぎに注意。

 

 ・チャメドレア(Bamboo palm)

ホルムアルデヒドのろ過。直射日光を避ける、わりと育てやすい。

 

 ツツジ(Azalea)

ホルムアルデヒドをろ過。

 

 

 

我が家で育てている観葉植物

f:id:paleolife:20210612102447j:image

ドラセナ・ソング・オブ・ジャマイカ

ドラセナ科は非常に育てやすい。水やりも少なめで育ってくれます。わりと日光少なめでも大丈夫だったので、場所を選ばす置いておける。

 

 

f:id:paleolife:20210614105630j:image

ドラセナ・トルネード

こちらもドラセナ科で、非常に育てやすい。やはり水やりは少な目でも大丈夫。

 


f:id:paleolife:20210612102513j:image

セローム

これもめちゃくちゃ育てやすい。育てやすいんですけど、凄く伸びるので場所をとるのが悩み。買った時はめちゃくちゃ小さかったので、正直びっくり。

 


f:id:paleolife:20210612102509j:image

アガベ・アテナータ

こちらは、一目惚れして購入。わりと寒さにも強かった、冬でも窓に近いところで大丈夫でした。これはインパクトがあって、とても気にいっています。

 


f:id:paleolife:20210612102444j:image

エバーフレッシュ

見た目が好きで購入。寒さには弱くて、冬には葉がポロポロ落ちて、我が家の環境だと、最終的に枝だけになってしまう。暖かくなると勢いよく葉がつき始めて、剪定するほど。

 

 

f:id:paleolife:20210614110900j:image

ポトス・パーフェクトグリーン

ポトスは非常に育てやすくて、これから観葉植物を始める方にはおすすめ。安価で入手しやすいのも良い。

 

 

f:id:paleolife:20210612120427j:plain

アイビー・ダックフット

アイビーは外置きの方が、良く育つようで室内だとあまり元気がなかった。冬も越せているので、今後も外で。写真はダックフットという種類で、一般的なアイビーより葉っぱが小ぶりで気に入ってる。

 

 

ということで、観葉植物の空気清浄効果で、室内環境を整えて、カビやシックハウス対策をしてみようということでした。オススメの観葉植物はポトスですが、好きな植物があれば積極的に取り入れてみましょう!健康的な身体作りのご参考になれば幸いです。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ