わりとパレオな生活

進化医学をベースに、アンチエイジング、健康的なカラダ作りのための習慣作り

【休む】なかなか抜けない疲労感には、あのリカバリーがおススメ。

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

 

 

f:id:paleolife:20191122142018j:image

 

このところ、僕が住んでいる三浦半島は湿度が高くなり、気温もどんどん上がってきていて、とても蒸し暑い。

 

この季節は、鍼灸マッサージの仕事も増えてくる季節で、毎年、首肩の寝違え、ぎっくり腰などの症状の方が増えてくる時期なのですが…

 

今年はちょっと違いまして、最も多いのが

 

何とも言えないぼんやりとした疲労感。

 

 

やはり、長く制限のある生活が続いているからなのかなと感じてしまいますね。自律神経の乱れが原因なのかもしれないなと。

 

何か対策ないですかなということで、今日のブログいってみましょう。

 

 

 

なかなか抜けない疲労感には、アクティブでマインドフルなリカバリーがオススメ!

 

 

アクティブリカバリ

まずは適度に身体を動かして、心肺機能を活性化させ血流を促す。血流よくなると代謝が上がるので、疲労回復に効果的。それと、意図的に交感神経を高めて、この後のマインドフルリカバリーの効果をさらにあげるための準備。

 

身体を動かすときのポイントは、いつもやらないような動きを取り入れること。ヨガのポーズだったり、ダンスだったり、自然の中で遊んだり、自分の感覚で少し難しいと思うレベルでOK。

 

なぜ、少し難しいレベルの運動が良いのかと言いますと、もう少しで出来そうだなーとか、こうしたら出来そうだ、など自分自身に意識が向くので、意識が分散しづらくなる、マインドフルな状態。これが疲労回復に良い。

 

少し難しいレベルだと、集中することが苦手な人でもマインドフルネスの状態に入りやすく、このマインドフルネスが、さらに疲労回復効果をあげてくれます。

 

 

 

マインドフルリカバリ

アクティブリカバリー後のマインドフルタイムは、副交感神経を優位に持っていくために瞑想がオススメ、呼吸瞑想がいい。瞑想するメリットはたくさんありまして、例えば

 

とにかくストレスが減る

ネガティブな思考に強くなる

睡眠の質があがる

 

と言ったような感じで、メンタルの疲労回復、副交感神経を高めるためにとてもオススメ。瞑想はいい。

 

 

呼吸瞑想のやり方はシンプル。

 

呼吸に意識を向ける
呼吸から意識がそれたらもどす
時間までくり返す

 

これさえ出来ていればOK。まずは1日5分ぐらいから始めて頂ければ。こんなので良いのかな?と言うぐらい簡単ですが、これが意外と効果的。結構スッキリして、気持ちが落ち着きます。

 

 

 

今は、ニュースやワイドショー、ネットなど外部からの刺激が多く、心も体も常に外へ外へと集中してしまいがちな環境なので、心も身体も自分に集中して「外部からの刺激を一旦忘れる時間を作ってあげる」ことが重要。

 

お休みの日もダラダラと過ごさず、積極的な休息を取り入れてみると、疲労回復に効果的だよってお話でしたー、ではでは。

 

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ