わりとパレオな生活

最新の科学をもとに9か月で約17kgの減量に成功したアラフォー男の生活

SUPレースに参加したら、スーパーな中学生がいた。

10/4 葉山町の大浜海岸で開催された

 

TRUMP Paddle Session

 

というスタンドアップパドルボードのレースに参加しました!

 

今大会の見所は、

 

[国内最長レース   21km]

 

そして、参加選手のレベルが高い!!

 

全日本レベルの選手ばかり…そんな強者ひしめく中、驚いたのが

 

中村澄海 選手

 

なんと14歳。21kmで3位。

 

凄い!!いやー、ほんとに驚いた。

 

 

大会の参加者は、もちろん一般の方、小学生、中学生、大学の部活?サークル?の方々も多数参加されていて、とても賑やかでした!

 

コースはこちら↓

f:id:paleolife:20201005124441p:image

1周7kmのコースを14kmは2周、21kmは3周するコースでした。

 

自分が参加したのは…もちろん…

 

7km

 

14km、21kmは、まぁ、もうちょっと練習してから…

 

実際の距離は、7.67km…長かった…

f:id:paleolife:20201005124944j:image

 

折角のレースなので、一応、目標を立てまして

 

・完漕

・落ちない

・マインドフルに漕ぐ

 

とりあえず、達成できたので満足、満足。

 

 

あと、今回のレースでは、ストレスのコントロールが上手くいったのが収穫。

 

苦しい時は、一漕ぎ一漕ぎに集中。マインドフルに。漕いでいれば、いつかゴールに辿り着くので、あまり先のことは考えず、一漕ぎ一漕ぎコツコツと。

 

それと、たくさん息を吐くことを意識すると、すごく楽。苦しくなって、筋肉が硬くなっていくのが、スッと抜ける感覚。

 

それから、レース後半に疲れながらも、小さいウネリを、幾つか拾えたことが良かったなと。

f:id:paleolife:20201005145221p:image

5〜7kmのタイムが良くてびっくり。うねりの力は偉大だ。

 

f:id:paleolife:20201005145209p:image

5〜7kmは、一漕ぎで、進む距離も長くなってました。

 

今回、初めて5km以上のレースに参加したのですが、とてつもなく長く感じました…疲れた。

 

 

改めて、14km、21kmのレースに挑戦するだけでも凄いなと。素晴らしい!!

 

(ちなみに、21kmクラスは、アクシデントのため、結局、30kmぐらいのレースになりました。半端ない。)

 

 

っということで、久しぶりの大会で、良い経験が出来ましたし、とても楽しめました!

 

主催者様、葉山地域の皆様、ありがとうございました!

 

 

大会の結果はこちら↓

TRUMP Paddle Sessions in Hayama Beach 2020 - Google ドライブ