わりとパレオな生活

最新の科学をもとに9か月で約17kgの減量に成功したアラフォー男の生活

抜けない疲労感は…積極的な休息がおススメだよー

f:id:paleolife:20191122142018j:image

 

こんにちは!

 

寒暖差が出てくる季節、なかなか抜けない疲労感。

 

長く睡眠時間をとっているにの、朝起きて…身体がだるい、まだ眠いなんて状態が続いていませんか?

 

そんな時は

 

アクティブでマインドフルネス

 

な休息がオススメ!

 

簡単に言うと、

 

いつもより身体を動かして集中しよう、緊張と緩和でリラックスする時間もさらに有効に使おうという感じです。

 

でやり方は、

 

1.軽く準備運動

2.いつもやらないような運動、ポーズ

3.横になって呼吸に集中、身体に集中

 

という流れ。

 

いつもやらないような…というのは

 

自分の身体の感覚に対して

 

少し難しい

 

と感じるレベルの身体の動きやポーズをやってみるという事。

 

この少し難しいというのが大事で、全く出来ないようなレベル、逆に簡単過ぎてしまうレベルでは、疲労を回復させるには不向きなんですね。

 

何故、少し難しいレベルの運動が良いのか

 

少し難しいレベルの動作をすると…

 

もう少しで出来そうだなーとか、こうしたら出来そうだ、など自分自身に意識が向くので、意識が分散しづらくなるんですね。これはマインドフル。

 

マインドフルネスは「いまここ」に集中することなので、少し難しいレベルだと、集中することが苦手な人でも「いまここ」の状態に入りやすいと。

 

また、マインドフルネスの効果は、多岐に渡っておりまして、今回はストレス解消のため、脳のリフレッシュ、考え事の整理に使えるのではないかなと思います。

 

 

 

一度、身体や脳に緊張状態を作ってあげることで、この後に行うリラックスタイムの効果も高まるんですねー

 

運動後に、横になって行うのは

 

呼吸瞑想やボディスキャンといった自分に集中するようなものが良いかなと。とにかく、自分へ意識を向ける。

 

最近は、とにかく外部からの刺激が多くて、心も体も常に外へ外へと集中してしまいがちです。

 

なので、心も身体も自分に集中して「外部からの刺激を一旦忘れる時間を作ってあげる」ことが重要なんですねー。

 

お休みの日もダラダラと過ごさず、積極的な休息を取り入れてみると、疲労回復に効果的だよってお話でしたー、ではでは。