わりとパレオな生活

進化医学をベースに、アンチエイジング、健康的なカラダ作りのための習慣作り

【痩せる】痩せたいけど、運動、筋トレが苦手。それならコツコツNEATを上げよう。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 

 

今日は、ダイエットを確実に成功させるために、絶対に意識しておくべきNEAT(ニート)について。

 

 

 

 

f:id:paleolife:20210816104943j:plain

掃除

 

NEAT(ニート)とは

Non-Exercise-Activity Thermogenesisの略称で、非運動性(活動)熱産生と呼ばれています。身体活動は運動と生活活動とに分けることができ、NEATは運動以外の身体活動で消費されるエネルギーのことをさします。

 

 

 

厚生労働省も認めた、NEATの肥満予防効果

総エネルギー消費量(24時間相当)は、大きく基礎代謝量(約60%)・食事誘発性熱産生(約10%)・身体活動量(約30%)の3つで構成されています。そのうち、基礎代謝量は体格に依存し、食事誘発性熱産生は食事摂取量に依存するため、個人内での変動はあまり大きくありません。総エネルギー消費量が多いか少ないかは、身体活動量によって決まります。

身体活動量は、運動によるものと、家事などの日常生活活動によるものの、大きく2つにわけることができます。身体活動量に占める両者の割合は、運動を習慣的に行っているかどうかによります。ただし運動を習慣的に行っていなくても、畑仕事や家事などによる身体活動が多い場合もありますので、一概に運動を習慣化している人のほうが身体活動量が多いとは言い切れません。

近年では家事などの日常生活活動が該当する、非運動性身体活動によるエネルギー消費、別名NEAT(non-exercise activity thermogenesis)と肥満との関連が注目されています。Levineら[1]は肥満者と非肥満者を比べると、肥満者は歩行なども含めた立位による活動時間が、平均で1日約150分も少なかったと報告しました【図】。つまりなるべく座位行動を減らして、家事などの日常生活活動を積極的に行うことも、肥満予防のキーポイントといえます。

 

f:id:paleolife:20210817061849p:plain

厚労省による肥満者と非肥満者の活動

 

NEATを増やすコツ

NEATを簡単に増やすコツは、普段の生活動作にちょい足しが大事。急に大きな負荷のかかるような動作ではなく、こんなものでいいのかな?というぐらいの動作でOK。

 

例えば、僕やダイエットクライアント様がダイエット中に取り入れていたNEATは

 

・1~2階は階段を使う。

・買い物などで駐車場を利用するときは、店内入り口から離れた場所に止める。

・お風呂上りは、浴室を拭いて出る。

・子供と身体を使った遊びをする。

・犬の散歩の回数、距離を増やす。

・普段掃除しない場所を掃除する。

・スタンディングデスクを使う。

・早歩きで散歩する。

・通勤は一駅歩く。

 

このような感じで、普段生活の中で行っている動作にちょっと足すところから始めていきましょう。長く続ける、習慣にするにはちょっと足すぐらいの負荷が大事。

 

 

身体を動かさずにNEATの効果を増幅させるテクニック

NEATの効果をさらに上げるテクニックは生活動作中、または動作が終わった後に、エネルギー消費をしたと意識をするだけ。

 

これはプラセボ・トレーニングと呼ばれ、ハーバード大学が行った実験で、その効果が証明されています。実験内容は、ホテルのメイド84名のうち半分にだけ、毎日の仕事の消費カロリーについて伝えただけ。これだけのことですが、4週間後の変化は消費カロリーについて教えられたグループは、みな一様に体重、体脂肪が減り、血圧の改善まで見られたそうです。意識をするだけで、消費エネルギーが増えるので、プラセボ・トレーニングを取り入れない手はない。

 

参考

 

 

 

ということで、運動や筋トレが苦手な人は、NEATを上げる、消費エネルギーを意識するということを取り入れてみてはいかがでしょう!肥満予防やダイエット、血圧の改善などにも効果的なので、とてもおススメです。最後までお読みいただきありがとうございました。健康的な身体作り、アンチエイジング、ダイエットのご参考になれば、幸いです。

 

 

今月は、こちらのチャンネルをサポートさせて頂いております。メンタルケアのご参考にどうぞ!

stand.fm

 

 

ランキングに参加しています。

クリックして応援してくださると、大変嬉しいです!!

  ↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ